GW”おいしい巣ごもり生活”のススメ②


【今日、〇〇〇にしない?】

今日、ケ〇タッキー? 今日、焼き肉? そろそろ、が食べたくないですか?

「今日、魚にしない?」 →「今日、すし屋しない?」 GWおいしい巣ごもり生活②は“簡単、自宅すし屋のススメ”です。 結構ハードル高いじゃん・・・?(笑) やってみると意外とそうでもないんですよ。 連休中、時間を持て余しているお子さんに(今日は子どもの日)、 そろそろおうちごはんに変化を求めたい大人に、 美味しさにはこだわらず(そりゃプロが握ったほうがうまいに決まってるw)、 エンターテイメントとして楽しんでみてください。

【おうちすし屋ポイント3つ】

①準備は簡単に まず、準備をするのが面倒ですよね。そこは簡単にいきましょう! ネタはスーパーの刺身盛りでOK。 酢飯も、すし酢を使えばいいじゃない。 卵焼きは、焼かなきゃいけないかもね。 ②シャリは事前に分けておく 料理人さん曰く、ひとつ分はだいたい15~20g。 素人には難しいので、事前に分けておくとラクです。 ざっくり分けとしてよい方法を紹介します。 平らなトレーにラップを敷き、酢飯をひろげ、しゃもじで線を入れて分けておく方法。 子どもが握る際に、いいですよ。 あと、刺身用と寿司用は身の厚さや表面積の広さが微妙に違います。 厚くて握りにくいネタもあるかもしれませんが、 イメージは最後にシャリを包むイメージ

↑私が握ったものではありませんが… イメージとして。 実際に子どもが握った寿司がコレ(スマホ撮影)↓↓↓ プロが握ったものと全然違う(刺身も私が魚の修行を始める前なので)… 酢飯もあちこちへ… (ひーーーーっ) けど、 まーーいいじゃないの!


自宅で楽しむのがメインなので、細かいことは気にしない! それが3つ目のポイントですね。 ③細かいことは気にしない! でも手洗いは忘れずにね! Enjoy! 編集長 Mika

この記事を書いた人  魚がさばけるカメラマンMika mh-photoworks主宰 “出産から葬儀まで”、女性のライフステージに寄り添いながら写真を撮る(2016年より毎年写真展開催)。現在は地元の道の駅で魚をさばく仕事もしつつ、フリーランスのカメラマン、ライター、フードスタイリング分野、発信キッチン編集長としても活動中。 私生活では転勤族の妻として山口、東京、オーストラリアと転々とし、2017年12月に東京から上関へUターン。趣味はキャンプと旅と魚をさばくこと。三姉妹の母として子育て奮闘中。

182回の閲覧
  • Black Facebook Icon

〒743-0011 山口県光市大字光井540番地の1

光スポーツ公園内レストハウス1F

Tel: 0833-72-7772

OPEN 10:00〜17:00(日・祝は15:00まで)

月曜火曜定休:ランチ 11:00〜

© EEne All Rights Reserved