​魅力いっぱい!
「米のおっぱい」

「米のおっぱい」は、山口県の米麹と豆乳からできた甘酒です。

「米麹」+「豆乳」=「米のおっぱい」

​米麹の甘みだけでつくった飲みやすい甘酒です。

そもそも甘酒とは?

甘酒と呼ばれるものには2種類あります

ひとくちに「甘酒」といっても、甘酒にはお米を麹発酵させてつくる本来の甘酒と、酒粕を湯で溶いたものに砂糖を加えた甘酒の2種類があります。

米麹から作った甘酒は自然のブドウ糖がもとから入っています。

一方の酒粕を溶かした甘酒はアルコールを含んでおり、ブドウ糖が少ないので、甘みを加えるために砂糖を入れるなどの加工を行っています。

「米のおっぱい」は、山口県田布施町でつくられるお米を麹発酵させてつくられた甘酒です

「米のおっぱい」は麹発酵の自然のほのかな甘みだけ。砂糖など添加物は一切入っておらず、さらに豆乳とブレンド。

自然の恵みから生まれるほのかな甘みが特徴の飲みやすい甘酒になっています。

甘酒には興味あるけど、甘ったるいのが苦手、という方にこそおすすめの味となっています。

麹発酵とは米を麹菌によって発酵させることをいいます。
麹菌は適度な温度と湿度がなければ生息できません。

​また、発酵食品は、腸内の環境を正常に保ち、腸内フローラを正常な状態にするのに役立っています。昔ながらのお味噌汁、漬物、米麹といった日本の食事は、日本人の健康にとってとても重要だったということですね。

 

なぜ、甘酒はカラダに良い?

米麹からつくられた甘酒は「飲む点滴」といわれるほど、たくさんの栄養を含んでいます。
脳や体を動かすのに大切な「ブドウ糖」、
糖質・脂質・たんぱく質の代謝を活性する「ビタミンB群」、体内では合成されない「必須アミノ酸」、さらに麹に由来する成分として、腸内の状態をキレイにしてくれる「食物繊維」や「オリゴ糖」など、美容や健康にうれしい成分が入っており、まさに「飲む点滴」といえるでしょう。

ブドウ糖(グルコース)
ブドウ糖は腸で吸収されエネルギーとして体内で利用されます。脳や筋肉を動かす働きをします。とくに脳はブドウ糖のみをエネルギーとして吸収します。分解する必要がないので吸収してすぐに体を動かすエネルギーになってくれます。

ビタミンB群

ビタミンB1・B2・B6は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝の役割を果たしています。甘酒に含まれているビタミンBの量は、サプリメント並みだと言われています。

アミノ酸

甘酒は体内で合成されない必須アミノ酸を全種類含んでいます。必須アミノ酸は筋肉を作ってくれたり、精神状態を落ち着ける働きがあり、疲労回復に一役買っています。

 

豆乳の栄養分

豆乳には、代表的な4つの成分が含まれています。良質な「たんぱく質」、脳の活性化に役立つと言われている「レシチン」、脂肪の吸収を抑えられると言われている「大豆サポニン」、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする「イソフラボン」などがあります。

豆乳にはアンチエイジングにうれしい成分が含まれているようです。

たんぱく質

たんぱく質は、炭水化物、脂質と並ぶ3大栄養素の1つ。

いずれも私たちの生命活動を支え、エネルギー源となる大切なものですが、たんぱく質は臓器のもとになるものであり「私たちの体をつくる主成分」であるといえます。

レシチン

レシチンは細胞に必要な栄養や酸素を吸収し細胞内に取り込むとともに、不要な物質や老廃物を排泄する役目をしています。

とくに脳の神経細胞の伝達を助ける役割もあり、記憶力の向上や認知症の予防にも効果があるとされています。

大豆サポニン

大豆サポニンは強い抗酸化作用をもち、体内においても脂質の過酸化を抑制し、代謝を促進すると考えられます。大豆サポニンが血中脂質を低下させる作用をもつことが確認されています。 

イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれています。美白、保湿の向上といった肌の美容効果や、更年期障害、動脈硬化などへの効果も認められています。

 

エネルギーチャージと疲労回復

◎風邪をひいたとき

甘酒は風邪をひいたとき、食事から摂取した栄養を効率よくエネルギーに変換してくれます。

身体がつらい中、頑張って食べた食事をエネルギーに変換しようと、甘酒も頑張ってくれるのです。

また、風邪薬や抗生剤などで腸内の細菌のバランスが崩れているときこそ、甘酒で腸内の環境を整えてあげるのも良いですね。

女性にとっては出産後の産後疲れにもぜひ召し上がっていただきたい飲みものです。

◎離乳食に「米のおっぱい」をおすすめする理由
栄養価が高く、エネルギーの消化吸収が早い甘酒は赤ちゃんの離乳食にも適しています。

※離乳食などでお使いの場合は内容にアレルギーがないかお確かめのうえご利用ください。

 

◎1日にどれくらい飲めばいいの?
「米のおっぱい」は甘酒と豆乳の栄養価がそれぞれ高いので、1日150ml〜200mlをおすすめしています。

 

あなたの「腸活」に「米のおっぱい」をおすすめする理由

腸は単なる消化器官ではなく"第二の脳"とも言われるほど重要な臓器といわれています。

 

さらに、近年の研究では、腸の働きが身体やこころの健康に大きな影響を及ぼしているということがわかってきたそうです。


この腸の働きを元気にするのが「発酵食品」だといわれています。


もちろん、米麹からできた「米のおっぱい」も発酵食品ですから、腸の働きを助け、健康と美容に貢献するというわけですね。

ご存知ですか? 実は「腸」ってこんなにすごい!

1)腸から「幸せを感じるホルモン」が出てる?
精神を安定させ、幸せを感じるホルモンと言われる「セロトニン」の約90%は腸が作っているんです。
つまり、腸の状態が不調だと気分も落ち込んだり、不安を感じたり、ストレスをため込んだりと気分もネガティブになってしまうといわれています。

​ということは、腸の状態が健康だと、幸せを感じたり、不安がなくなったりするということかも知れませんね!

2)腸内フローラって何がすごいの?
私たちの腸の中にはおよそ1000種類、なんと100兆個もの細菌が住んでいます。
その細菌たちが共存しているコミュニティを「腸内フローラ」と呼んでいます。
わたしたちの「腸内フローラ」が安定している状態が、健康を保ってくれているのですが、ストレス、薬の摂取、暴飲暴食などの影響で、この「腸内フローラ」のバランスが崩れてしまうと、体調が変化してしまい、病気になってしまうそうです。

この細菌たちの生活する場である「腸内フローラ」のバランスを整えてあげることが、腸の状態をよくするということであり、病気を防ぐことにもつながるといわれています。


3)腸の不調が、体の不調
免疫細胞の約7割は腸に集中しているんです。

腸は多くの有害な細菌やウイルスを、腸内で撃退して体内に吸収させないようにしています。

ですから、腸が不調になると、有害な細菌やウイルスを撃退することができなくなり、体に不調をきたすことになります。

わたしたちが思っているより、腸の健康というのは大切なんですね。

​このように腸はただの消化器官ではなく、わたしたちの体調やこころの状態をコントロールしている大切な器官といわれています。

​腸内の状態を整えるには、発酵食品を食べるのが効果的

 

そんな腸内の状態を健康にするには、発酵食品が効果的だと言われています。

発酵食品とは、わたしたちにとって身近な「お味噌汁」「漬物」や「チーズ」「ヨーグルト」などですが、とくに、わたしたち日本人にとっては「米麹」がふさわしいと言われています。

「米のおっぱい」は米麹からつくられていますから、腸内活動を助ける役割を担ってくれるでしょう。

腸の調子をみつめて、毎日を楽しく幸せに。

そして健康に過ごしたいものですね。

 
 

​米のおっぱいは、発信キッチンオンラインストアで発売中

​米のおっぱい

​米麹と豆乳でつくられたやさしい味の甘酒です。

品 名:甘酒

原材料:米麹、うるち米、もち米(田布施町産)、大豆(光市産)

製造者:株式会社農多

​販売者:EEne

  • Black Facebook Icon

〒743-0011 山口県光市大字光井540番地の1

光スポーツ公園内レストハウス1F

Tel: 0833-72-7772

OPEN 9:00〜16:00

定休:月曜・火曜/ランチ 11:00〜

© EEne All Rights Reserved